債務整理の流れをよく把握すること

img-1

借金の法的整理等を依頼するときには、一連の流れを依頼先の弁護士または司法書士へと確認をすることも大事です。特に裁判所から弁護士等の代理人へと指示があった場合は、迅速に書類を揃えていく姿勢が極めて重要になってきます。


迅速かつ確実に誤りなく債務整理を進められるように、依頼者側も全てを弁護士等に任せっきりではなく、その後の対応でも自らも責任を持って行動することが必要だということです。

債務整理では裁判所を通して行うものと、任意整理のように個別に当たっていくものとに分かれます。

このとき、個別の処理を行う場合には、代理人にある程度は任せる他はあありませんが、そもそも強制力がないだけにうまくいかない可能背も出てくるものです。

裁判所を通じて行う債務整理では、必ず一連の決まった流れで処理を行っていきます。

民事再生では、まずは弁護士等への正式な依頼に始まり次に借金の総額と借入先の把握、再生計画の申し立ての準備を進めて裁判所への提出を行います。


その後裁判官から出席を求められ、内容に問題がなければその再生計画の元で、借金の一部の計画的な返済を行っていき、3年後には返済が無事に完了するということです。

残りの債務はこれにより免責となります。

民事再生一つとってみても、このように流れが確認できるわけです。

したがって、この一連の作業を把握し、代理人として依頼した人としっかりと連携をとっていくことが重要になっていきます。



相続借金の情報はこちらのサイトです。





相続放棄の情報を求める人におすすめのサイトです。

http://smany.jp/tag/151

https://allabout.co.jp/gm/gc/440113/

https://matome.naver.jp/odai/2147437232822226201

関連リンク

img-2
債務整理の具体的な流れ

債務整理は、借金問題を解決するために用意された手続きの総称で、自己破産・任意整理・個人再生などの種類があります。返済の負担をかなり軽くできるので、借金で苦しんでいる人にとっては状況を改善できるチャンスとなります。...

more
img-2
債務整理の一つである自己破産の流れについて

借金は通常返済をする必要があります。しかし、借金額が高額であり、返済することが難しいという場合には、債務整理をすることにより借金の返済を免れる場合もあります。...

more
top