特定調停による債務整理の流れ

img-1

債務整理では特定調停が利用される場合もあります。

特定調停とは、通常、行われる債権者との交渉を、裁判所を利用して行うことを指し、ここでは調停委員会のもとで話合いが行われ債務整理に関しての合意を進めていく方法が用いられます。

申立て自体は自分でも行うことができますが、必要書類などの準備が煩わしくなることもあり、司法書士や弁護士に依頼をして行われることも多くあります。ここでの債務整理の流れとしては、まず、定められた書式による申立てを、債権者の住所地を管轄する簡易裁判所に行うことになります。
そして、その後、裁判所から連絡があった場合には、収入や支払いに関する資料を準備した上で出頭することになります。


ここでは、調停委員から、生活状況や収入、今後の返済方法などに関して聴取が行われ、債権者側から提出された計算書と照らし合わせながら、どの程度での返済が可能なのかといった内容について検討が行われます。
そして、調停期日が指定され、債権者へは裁判所から連絡がいくことになります。
調停当日は、調停委員会の主導によって債権者との交渉が行われることになります。
債権者は利息の再計算による引き直し後の債権額を確定し、その内容に関して、どのように支払っていくことが当事者双方に適当なのかが話し合われることになり、ここでは交渉がまとまるように調停委員による意見の調整が行われることになります。


調停では、調停委員が債権者との間に入り交渉を進めるために債務者は話す必要がなく、仮に、債権者が出席をしない場合には、調停委員は電話で債権者と交渉をすることになります。

交渉が合意をした場合には調停調書が作成され後日交付されることになるために、裁判所に取りに行くか、または、郵送依頼をして、送ってもらうようになります。



口コミ評判の高い相続借金情報が手に入ります。

安心できる相続放棄の相談ならココです。





https://4meee.com/articles/view/89728

https://matome.naver.jp/odai/2147437232822226201

http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2010/vancouver2010/menu/luge/shimen/CK2010010502100006.html

関連リンク

img-2
債務整理の一つである自己破産の流れについて

借金は通常返済をする必要があります。しかし、借金額が高額であり、返済することが難しいという場合には、債務整理をすることにより借金の返済を免れる場合もあります。...

more
img-2
債務整理の仕方と流れ

借金の問題を解決する方法の1つに債務整理があります。債務整理には大きく、自分で手続きをする方法と司法書士に依頼して行う方法、そして弁護士に依頼をして行う方法の3つがあります。...

more
top